2007年11月27日13時13分、横浜市中区黄金町
スポンサーサイト
 
 
2007年11月27日13時28分、横浜市中区初音町

 
 
2007年11月27日15時58分、横浜市中区山下町、山下公園

 
 
 
2007年11月27日16時05分、横浜市中区海岸通

 
 
 
2007年11月27日16時35分、横浜市中区海岸通

 
 
 
2007年11月27日17時34分、横浜市西区みなとみらい

 
 
 
2007年11月27日17時53分、横浜市西区みなとみらい、横浜美術館

 
 
 
2007年11月27日18時38分、横浜市西区高島

 
 
 
2007年11月27日18時36分、横浜市西区高島
 
 
2007年11月27日13時37分、横浜市中区黄金町

 
 
 
2007年11月27日13時35分、横浜市中区黄金町

 
 
 
2007年11月27日14時14分、横浜市中区中村町
 
 
2007年11月27日午後12時59分、横浜市南区、京急弘明寺駅
 
 
2007年10月9日午後1時49分、横浜市神奈川区星野町

 
 
2007年11月7日水曜日午後4時45分、横浜市港北区新横浜
 
 
2007年10月30日 火曜日 午後4時3分、横浜市磯子区丸山

 
 
 
2007年10月30日 火曜日 午後12時26分、横浜市中区寿町
 
 
2007年11月20日 火曜日 午後12時49分、小金井市本町

 
 
 
2007年11月20日 火曜日 午後12時59分、小金井市本町

 
 
 
2007年11月20日 火曜日 午後1時30分、小金井市中町


2007年11月20日 火曜日 午後2時1分、小金井市中町

 
 
2007年10月23日 火曜日 午後6時14分、三浦市三崎

 
 
 
2007年10月23日 火曜日 午後6時16分、三浦市三崎

 
 
 
2007年10月23日 火曜日 午後6時19分、三浦市三崎

 
 
 
2007年10月23日 火曜日 午後6時29分、三浦市三崎

 
 
 
2007年10月23日 火曜日 午後6時23分、三浦市三崎
 
 
2007年11月20日 火曜日 午後1時44分、小金井市中町、小金井神社

 
 
 
2007年11月20日 火曜日 午後1時50分、小金井市中町、小金井神社

 
 
 
2007年11月20日 火曜日 午後1時51分、小金井市中町、小金井神社

 
 
 
2007年11月20日 火曜日 午後1時57分、小金井市中町、小金井神社
 
 
2007年11月19日 月曜日 午後3時43分、小平市回田町

 
知人の撮る映画のロケハンを手伝うことになり、中央線沿線のM駅周辺を午後いっぱい歩きまわる。
その後久々に古本屋にて買い物。

今日の収穫:

中村光夫『明治文学史』筑摩叢書 昭和38年 800円
中村光夫『文学のありかた』筑摩書房 昭和32年初版 1200円
吉田喜重『小津安二郎の反映画』岩波書店 1998年初版 1500円
 
 
2007年11月6日 火曜日 6時4分、横須賀市追浜町

 
2007年10月9日 火曜日 午後1時12分、横浜市神奈川区千若町

 
 
2007年10月10日 水曜日 午後5時39分、横浜市鶴見区小野町
 
 
2007年11月13日 火曜日 午後2時51分、三浦市海外町

 
 
 
年11月13日 火曜日 午後2時55分、三浦市海外町 border=

「かいがい」ではなく「うみそと」と読むそうです。
 
 
2007年11月13日 火曜日 午後4時18分、三浦市三崎町六合

 
 
 
2007年11月13日 火曜日 午後4時26分、三浦市三崎町六合
 
 
2007年11月13日 火曜日 午後12時13分、三浦市三崎町小網代

 
 
 
2007年11月13日 火曜日 午後1時48分、三浦市三崎町小網代

 
 
 
2007年11月13日 火曜日 午後1時14分、三浦市三崎町小網代
 
 
2007年11月13日 火曜日 午後3時25分、三浦市海外町

 
 
2007年11月13日 火曜日 午後3時10分、三浦市海外町


なんか最近、人としてダメダメです。
まあいいか。
 
 
2007年11月6日 火曜日 午後3時12分、横須賀市長浦町

 
 
 
2007年11月6日 火曜日 午後3時18分、横須賀市長浦町

 
 
 
2007年11月6日 火曜日 午後3時29分、横須賀市田浦町

 
 
 
2007年11月6日 火曜日 午後3時33分、横須賀市田浦町

 
 
 
2007年11月6日 火曜日 午後3時52分、横須賀市田浦町

 
 
 
2007年11月6日 火曜日 午後5時28分、横須賀市追浜南町
 
 
2007年10月23日 火曜日 午後3時0分、三浦市南下浦町松輪

 
 
 
2007年10月23日 火曜日 午後5時20分、三浦市南下浦町毘沙門

 
 
 
2007年10月23日 火曜日 午後5時32分、三浦市南下浦町毘沙門、毘沙門湾

 
 
 
2007年10月23日 火曜日 午後5時36分、三浦市南下浦町毘沙門

 
 
 
2007年10月23日 火曜日 午後6時11分、三浦市三崎、三崎港
 
 
2007年11月10日 土曜日 午後2時33分、台東区上野公園

 
 
 
2007年11月10日 土曜日 午後3時26分、台東区上野公園

 
 
 
2007年11月10日 土曜日 午後5時37分、台東区上野公園

上野動物園にて。
 
 
2007年11月9日 金曜日 午後3時50分、横浜市港北区新横浜
 
 
2007年11月6日 火曜日 午後5時40分、横須賀市追浜南町
 
 
2007年11月6日 火曜日 午後3時40分、横須賀市田浦町

 
 
2007年11月6日 火曜日 午後4時5分、横須賀市田浦泉町

 
 
2007年11月5日 月曜日 午前10寺58分、横浜市南区六ッ川、アパート周辺

 
 フェルメールの「牛乳を注ぐ女」を見に、国立新美術館に行く。
 東京のアパートで暮らしていたころ、古本屋で買った美術本からこの絵を切り取って壁に飾り、何年もの間眺め暮らしたものである。
 国立新美術館を訪れるのは初めてである。入った途端、いやな建物だと思う。ここは立ち止まって何かと向き合う場所ではない。ただ通り過ぎる場所に過ぎない。その意味でこの建物は、巨大で清潔な公衆便所によく似ている。
 目指す「牛乳を注ぐ女」の前では、人波が途切れることなく流れ続けている。係の女性が、絵の前で立ち止まらないようにと呼びかけている。予想はしていたことなのだ。誰のせいでもない。この羊のように従順に、のろのろと移動し続ける群衆に向かって、「消えろ!」などと怒鳴る権利は私にない。そもそも私自身が他ならぬ羊の一匹に過ぎない。3度列に並んで絵の前を通りすぎる。ごく小さい絵で、柵と絵との距離は2メートルほどもある。しかも照明の当たり具合でテカりが大きい。これでは、実物に触れることをあれほどにも夢見ていた、女の背後で慎ましく輝いている壁の肌触りも、壁にかけられた金物の容器が反射する光の粒も、女が腰に巻いている衣服の鮮やかな青色も、何一つ満足に見られはしない。何かが決定的に間違っている。しかしその誤りは、ここにいる私自身をも巻き込んだ巨大なものなので、抗う術がないのである。ふと実験映像作家のジョナス・メカスの言葉を思い出す。

「ある時あなたはフェルメールかヤン・ファン・アイクかジョーゼフ・コーネルの作品の前に立つ。ふいにあなたは目覚め、あなたの内部で何かがざわめきだす。あなたの本質的部分がこれまで日一日、ゆっくりと音もなく死につつあったのだということに思いいたって、あなたは恐怖に身震いする」

 私はそういう体験がしたくてここに来たのだ。そのかわりに見出したのは、レミングの死の行列の中にいる自分自身である。情けない。まったくもって情けない。東京のアパートに掛かっていた絵は引越しのときに破れてしまったので、ミュージアムショップで500円の複製画を買う。

 美術館を出たら、何だかグダグダに酔っ払いたくなってきたので、友人に電話して新橋で落ち合い、安酒場にもぐりこむ。
 その友人が言うには、

「貴君は我輩をいつも上から見下ろしておる。だから我輩はリラックスできないのである」
「貴君は酔っ払うといつも同じことばかり言う」
「貴君はツマミと酒を摂取するリズムがなってないのである」
「タコワサ400円は高いのである」
「サバは焼くもんじゃないのである」
「我輩がかくも苦しんでおるのに、貴君は本気で同情してくれぬ。貴君は冷たい男である」

 素晴らしい友人である。
 
 
2007年10月30日 火曜日 午後12時57分、横浜市中区寿町