2007年12月29日15時51分、厚木市温水

 
皆さま、よいお年を。
スポンサーサイト
 
 
2007年12月29日16時04分、厚木市温水
 
 
2007年12月29日15時57分、厚木市温水

 
といっても同じ県内ですが。
おとといも帰ったし。
 
 
2007年12月26日19時39分、横浜市西区南幸

 
 
 
2007年12月26日18時15分、横浜市南区中村町
 
 
2007年12月26日17時39分、横浜市中区末吉町

 
 
 
2007年12月26日18時19分、横浜市南区中村町

 
 
 
2007年12月26日19時09分、横浜市西区伊勢町
 
 
2007年12月24日15時53分、渋谷区猿楽町

 
 
 
2007年12月24日15時59分、渋谷区猿楽町

 
 
 
2007年12月24日16時02分、渋谷区鶯谷町

 
 
 
2007年12月24日16時26分、渋谷区渋谷
 
 
2007年12月26日15時59分、井土ヶ谷上町
 
 
2007年12月26日16時39分、井土ヶ谷上町
 
 
2007年12月24日15時19分、渋谷区恵比寿西

 
 
 
2007年12月24日15時38分、渋谷区代官山

 
 
 
2007年12月24日15時44分、渋谷区代官山
 
 
2007年12月24日21時39分、杉並区西荻北、ライブハウスTにて、Kさん

 
 
 
2007年12月24日21時40分、杉並区西荻北、ライブハウスTにて、Kさん

 
 
 2007年12月24日21時44分、杉並区西荻北、ライブハウスTにて、Kさん

 
 
 
2007年12月24日21時59分、杉並区西荻北、ライブハウスTにて、Sさん

 
西荻窪のライブハウスにて。
歌はすごいなあと思う。
それがたとえ現実を嘆く歌にしても、ここではないどこかを想う歌にしても、
歌は「いま、ここ」に全てがある。
曖昧な後悔と曖昧な期待の間で宙吊りになって、曖昧な沈黙を生きている私には、
ひとは、歌えるのだという、この単純な事実が痛い。
歌は、お前は今、本当に生きるに値する生を生きているのかと、真正面から問いかけてくるからだ。
道端に生えた樹木から、何気なく果実をもぎ取って食べるように、生きたいなあとふと思う。
ムリだけど。
 
 
2007年12月18日12時43分、横須賀市佐野町
 
 
2007年12月18日12時02分、横須賀市佐野町
 
 
2007年12月10日16時31分、横浜市港南区日野
 
 
2007年12月03日16時44分、足立区千住柳町

 
 
 
2007年12月03日16時45分、足立区千住柳町
 
 
2007年12月11日11時28分、藤沢市江ノ島
 
 
2007年12月18日15時25分、鎌倉市大町

 
 
 
2007年12月18日15時55分、鎌倉市扇ガ谷、寿福寺

 
 
 
2007年12月18日16時02分、鎌倉市扇ガ谷、寿福寺

 
 
 
2007年12月18日16時05分、鎌倉市扇ガ谷、寿福寺

 
 
 
2007年12月18日16時09分、鎌倉市扇ガ谷
 
 
2007年12月14日09時07分、横浜市南区六ッ川
 
 
2007年12月10日14時36分、横浜市戸塚区平戸町
 
 
2007年12月11日13時48分、藤沢市江ノ島

 
 
 
2007年12月11日13時47分、藤沢市江ノ島
 
 
2007年12月11日08時18分、厚木市温水
 
 
2007年12月10日14時47分、横浜市戸塚区平戸町
 
 
2007年12月11日12時42分、藤沢市江ノ島

 
 
 
2007年12月11日12時18分、藤沢市江ノ島
 
 
2007年12月11日12時48分、藤沢市江ノ島
 
 
2007年12月03日16時25分、足立区千住大川町
 
 
2007年12月03日16時33分、足立区千住大川町

 
 
 
2007年12月03日16時31分、足立区千住大川町

 
 
 
2007年12月03日16時36分、足立区千住大川町

 
 
 
2007年12月03日16時38分、足立区千住大川町

 
 10年ほど前、私はこの界隈に住んでいた。
 写真は日光街道と尾竹橋通を結ぶ一本道である。
 路地というには広いが、車がすれ違うには少し狭い、つまりは人が歩くのにちょうどよい広さの道である。
 わずかに蛇行しながらだらだらと続くこの道を、銭湯への行き帰りに毎日歩いた。
 私はなぜとはなしに、この道が好きだった。
 
 
2007年12月03日15時17分、足立区千手仲町

 
 
 
2007年12月03日15時30分、足立区千手仲町

 
 
 
2007年12月03日15時43分、足立区千住

 
 
 
2007年12月03日16時06分、足立区千住
 
 
2007年12月03日14時41分、足立区千住

 
 
 
2007年12月03日14時55分、足立区千住

 
 
 
2007年12月03日15時01分、足立区千住
 
 
2007年12月04日15時25分、飯能市

 
 
 
2007年12月04日15時10分、飯能市

 
 
 
2007年12月04日15時37分、飯能市

 
 
 
2007年12月04日15時05分、飯能市

 
 
 
2007年12月04日14時49分、飯能市

 
 
 
2007年12月04日15時46分、飯能市
 
 
2007年12月04日13時48分、飯能市、高山不動尊 奥の院

 
 
 
2007年12月04日14時35分、飯能市、高山不動尊 奥の院

 
 

2007年12月04日14時17分、飯能市、高山不動尊 奥の院

 
 
 
2007年12月04日14時42分、飯能市、高山不動尊 奥の院


昨日の続き。
ここがハイキングの目的地、奥の院である。
この場所には「関八州見晴台」というたいそう景気のよい別名がある。
その名に恥じず、北東から南東にかけて、熊谷の辺から東京、千葉、神奈川に至るまで、関東平野がぐるりと見渡せる趣向になっている。反対の西側は山また山だ。
それにしても寒い。
友人が芋焼酎とお湯を持参してきたので、プラコップでお湯割を作り、ガタガタ震えながら乾杯する。
 
 
2007年12月04日13時27分、埼玉県飯能市、高山不動尊

 
 
 2007年12月04日12時45分、埼玉県飯能市、高山不動尊

 
 
 2007年12月04日13時03分、埼玉県飯能市、高山不動尊

 
 
 2007年12月04日13時13分、埼玉県飯能市、高山不動尊

 
 
 2007年12月04日13時30分、埼玉県飯能市、高山不動尊

 
友人に誘われて、埼玉の山奥へハイキングに出かける。
途中、山中の不動尊でお御籤を引く。
あろうことか、二人とも凶である。
どちらの紙面にも、まるで救いのない言葉が、これでもかとばかりに連ねられている。
鬱屈した田舎坊主のいやがらせだろうという結論に落ち着く。