生きるということが、まっさらな宇宙に、紫色の染みをつけて汚すことだとしても、
その染みは、一つの歌でなければならないだろう。
だけどその歌を誰が聞く?

私の背骨の中心を、冷たい震えが走るとしても、
その震えは、私の魂の奥深くの牢獄で、永久に飼い殺しにしなければならないだろう。
だけど今、閉ざされたカーテンの外、遠くから響いてくる地鳴りは一体何なのか?

やがて朝が来るとしても、
その前に、冷たい寝床から身を起こし、暗闇の中で叫ばなければならないだろう。
なぜなら、その悲鳴は神聖なものだから。
スポンサーサイト