FC2ブログ

僕らの夏休み (大原 その1)

 
 
2008年08月30日14時38分、群馬県沼田市大原
 
 
 
 
2008年08月30日14時42分、群馬県沼田市大原
 
 
 
 
2008年08月30日10時41分、群馬県沼田市大原


 先月の29日から、2泊3日で群馬の山奥にある母方の実家に泊まった。友人のY氏も一緒である。
 実家とはいえ、祖母も祖父もとうの昔に亡くなっており、母の妹も嫁いで行ってしまったので、長らく空家のままである。そこを私の家族が、時々別荘のように使っているのである。上越線のN駅を下車してバスに揺られること1時間弱。国道のバス停から村落を通り抜け、谷間に広がる畑の中を数分歩けば、そこはもう山々を目の前に控えた村外れである。私たちの「別荘」は、そこにぽつんと建っている。
 私はじっくりと読書をしようと本を持参していた。もとより最寄のコンビニまで歩けば1時間かかるような場所である。当然ネットなどはない。テレビはあるが、電波状態が悪く、ほとんど何が映っているかわからない。私もY氏も車を持たぬので、陸の孤島同然の環境である。Y氏は何やらここで人生を見つめ直すつもりらしかった。
 さて結果であるが、私は目当ての本を5ページも読み進められなかった。では何をやってたかといえば、私たちは二日二晩ひたすら飲んだくれていたのである。その間飲んだビールと発泡酒はロング缶で20本を軽く越え、その他に焼酎とウイスキーの瓶をそれぞれ1本ずつ空にした。夕方いい気分で散歩に出ては、踊ったり、叫んだり、すれ違う車を睨みつけて中指を立てたり、農家の庭先で吠えかかる犬に襲撃をかけたりした(私たち二人の内、どちらがリーダー格だったのかは想像にお任せする)。
 私たちは31日の朝、ぐったりとして荷物をまとめ、バスに乗った。Y氏と私はN駅で別れた。彼はそのまま家に帰り、私はさらに上越線を下って新潟に向かったのである。Y氏とはそれきりなのだが、一つ聞き忘れたことがある。果たしてこの3日間で、Y氏は人生について何か悟ることはあったのだろうか。
スポンサーサイト



COMMENT









 

TRACKBACK http://moocontinent.blog65.fc2.com/tb.php/811-c69e2c74