FC2ブログ

 
孤独な月 

単独の月

ちょっと負けてる月ちょっと頑張っている月いささか距離をおいている月

街灯vs.月

済ましている月

水溜りに映った月

はい、したたか酔っ払っております。
自分でもなにやってるんだかさっぱり分かりません。
とにかく、光は、自らの生みの親を忘却することによってのみ、生まれるのである。
月のあばたの恨み言など届こうはずもないのだ。


ついでに今日買った本:

『墨汁一滴』
『筆まかせ抄』
病牀六尺
 いずれも 正岡子規 岩波文庫

ブックオフにて、しめて900円。
飲み相手との待ち合わせの間に何となく買ったもの。
自分でもなぜ買ったのかよく分からぬ(俳句はまるで門外漢である)。

スポンサーサイト



COMMENT









 

TRACKBACK http://moocontinent.blog65.fc2.com/tb.php/90-c763bb50